2019年03月24日

癒されの日記190324

_20190323_145358.JPG
いつもここへ来ると思うんですけど、癒されの日記、というタイトルのことです。
癒され、という受動態の表現なんですが、これは自分が、自分に向かって、です。
癒しの、とすると外に向かって、のような開かれたイメージを感じます。
まあ、自分のために、癒す、ということですね。
そもそも、癒す、癒し、という言葉自体、あんまり馴染まなかったことでした。
でも、がんばれ!とか言っても、ますます凹むじゃないですか、そうじゃない。
気持ちが安定することを願っていて、自分を慰める、心の自慰ですかね。
も三月も24日まで来ちゃいましたね、なんとなくそわそわしてきます。
posted by shigeo at 08:24| Comment(0) | 癒されの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

癒されの日記190323

_20190323_145021.JPG
桜の花を撮っているとうれしくなります。
花自体が美しいから、こころ癒されます。
桜だけじゃなくて、これからだと牡丹とか。
京都はやっぱり花の街、艶の街イメージですね。
水火天満宮、枝垂れ桜が咲き始めました。
イヤなことはもう考えないでおこうと思います。
posted by shigeo at 22:33| Comment(0) | 癒されの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月22日

癒されの日記190322

_20190321_145040.JPG
このあたりが古墳群だと書いてあるので、当てずっぽうに写真を撮りました。
少し盛りあがったところがそうなのかなあと思いながらスマホで撮りました。
最近はコンデジG5Xのファインダーを覗いて撮ることを主流にしています。
でも後処理が必要なので、ここに上げるのはスマホで撮った写真だけです。
昨日のことです、双ヶ岡の一の丘から三の丘へと尾根を歩いてみたのですが。
一の丘と二の丘の間に古墳群があると書かれているので、探したわけです。
これまでにも何回か訪れているので、場所はわかったけれど、目印がない。
雑木林になっていて、歩く道が踏みしめられていて、静寂な場所です。
心の闇、こころのやみ、ふっとこんなフレーズが込みあがってきます。
個体の感覚のその感情の情動にまで言葉が連なってきて、情動のこと。
情が動く、自分のなかで、感情が動かされる、この動かされる相手のこと。
情動が引き起こされる対象を、彷彿とさせることにて、作品となる。
この対象をとらえる感情が、闇の中になっていて、ブラックボックスです。
ストレートに闇を明るみに出すことは、アートから逸脱する感がします。
アートの枠は、闇をストレートには表現できないベールをかぶせます。
でも、近年は、このベールを外す方向ですが、日本は情緒重視のようです。


posted by shigeo at 09:26| Comment(0) | 癒されの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

癒されの日記190321

_20190321_144839.JPG
結局、双ヶ岡を登ることになって、仁和寺から下がりました。
一の丘の頂上は古墳になっていて、そこから北を見ることができます。
正面に仁和寺の二王門が見え、五重塔なども見えます、絶景です。
縦走というやつですね、二の丘、三の丘と尾根を歩いてきました。
古墳が群となってあるという一の丘と二の丘の間、でもわからない。
うねっているうねりの盛りあがったのが古墳なのか、と思うが不明。
桜を見に、千本えんま堂から上品蓮台寺へと行ったが、桜はまだでした。
バスに乗って、仁和寺まで行ったところで下車して、双ヶ岡へ、でした。

posted by shigeo at 21:59| Comment(0) | 癒されの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

癒されの日記190320

_20190319_135816.JPG
おはようございます。
朝からもたもた、ニフティのブログ、管理画面が此処と一緒の画面になりました。
ところが、現在、うまく稼働していなくて、トラブっているのです。
それで、もたもた、一時間程、時間を使ってしまいました。
ぼくは、ブログもホームページもアルバムも、ぜんぶ無料の範囲で使っています。
スマホの画面なんて広告がいっぱいで、広告の中に自分がある、って感じですね。
それでも、これが、現実のネット環境だと思って、容認しています。
あの手この手で、広告媒体になっている無料のネットのサイトです。
今日はここから始めます、よろしくお願いいたします。

posted by shigeo at 07:59| Comment(0) | 癒されの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

癒されの日記190319

_20190312_114800.JPG
ひと頃、花の写真を撮っていたことがありました。
最近は、その作業をストップしていて、風景撮影に入っています。
写真表現って、自分にとって、何なの?、と問うところです。
写真だけじゃなくて文学とか、つまり表現することの意味です。
その領域は、芸術表現といえばいいのか、食べること以外のところ。
田舎の庭に咲いている花の写真です。
侘助の種類で、有楽斎とか、胡蝶侘助とかいうみたいです。
花には花の素性があって、お茶室に飾る花、とのこと。
花は花だけど、由緒ある花には、それだけの値打ちがある?。
写真の奥にある意味をどうとらえるか、やっぱりこれ必要ですね。





posted by shigeo at 10:39| Comment(0) | 癒されの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする